にっき

お仕事関係のお知らせや、日常的日記を思いつきで更新します。


» 2014 » 6月

  • 幼児の忘却

    投稿日:2014年6月20日

    おもちを保育所に迎えに行く途中、

    春に卒園したKちゃんとママに出会った。

    Kちゃんはおもちの2つ上でとてもお利口かつお行儀のいい子、

    絵も運動も上手で面倒見がよいためおもちを大変可愛がってくれて

    いつも最終時間まで一緒、おもち憧れのお姉ちゃんだった。

     

    ママさんとは一緒に役員をやった縁で仲良くなったので

    久々に会えてワッと盛り上がったところでKちゃんが一言…

     

    プリント

     

    Kちゃんママが慌てて

    「もっちゃんのママやん!あなたいっつも遊んでたでしょ〜」

    とフォローしたところ、「あ、あ〜…?」という感じ。

    まーそうか…小学校へ入って環境が変わったところだもんなー。

    しかもオカン一人じゃあね。

     

    なんとなくオチはバレた気もするが

    保育所に着いてさっそくおもちにKちゃんに会った旨報告すると…

     

    プリント

     

    おーーまーーえーー

    何年も一緒に過ごして、ほんの3ヶ月前

    あんなに名残惜しくさよならしたというのに…

    幼児そんなもんか!

    (しかも説明しても最後まで思い出さなかった)

     

    ニャロメ〜心配してソンしたぜ〜!


    カテゴリー:イラスト, 子供, 日記

  • はじめてのおつかい

    投稿日:2014年6月13日

    私をよく知る人なら特に驚きもしないと思うが

    初めて東京に行ったのですよ。

    新幹線に乗るのも大人になって3回目。

    重度の方向音痴のため一人で遠出するなんてことは普通はしないのだけれど

    会いたい人が大勢いたにもかかわらず、ずっと行く行く詐欺だったのを挽回すべく

    ちょうど入った仕事にかこつけ泊まりで出かけることに。

    いやー…予想通り迷ったよね…。我が市内でいきなり迷ったもんね…。

     

    プリント

     

    恐ろしさのあまりずっとiPhoneを握りしめ

    自らTwitterで実況しながら移動したため

    大勢の人に心配をかける結果になってしまった。

    命からがら新幹線に乗ったはいいが、ツイートしすぎて電池切れ寸前。

    いま品川、目的地は渋谷、東京駅まであと少し…

    と言ったところ、最適経路を勘違いしていたようで

    一斉に何人もから「品川で降りろーーー」というリプライが…

     

    プリント

     

    お陰様で無事予約したホテルに転がり込み慌ててiPhoneを充電、

    駅員さんに泣きついて約束の代々木へ。

    全員イラストレーター、もともと仲良しの3人+ずっとお会いしたかった

    熊野さん・きたみさん・トリハルさんと合流!

    この歳にして到着しただけのことをとても褒めてもらえた。

    他にも会いたい同業者さんはたくさんいるのだけど

    会話が成立する限界として今回はこの人数。

     

    プリント

     

    めっちゃ美味しいお店だった。タテノさんありがとう。

    毎度のことながらほんと話が尽きない…ぜんぜん時間足りない…

    このあたりのはなしはカツヤマケイコのブログで!(ラクした)

     

    翌日はお仕事の予定が2件入っていたのだけれど、

    1件目は目と鼻の先にホテルをとったので(iPhoneで)余裕〜

    問題は2件目…と、思うっしょ?

    これがなんと!目的地まで案内してくださるという天使のようなお方が〜!

    私が「おバカ規制の責任者出てこい!(原英史さん)」

    という連載記事に挿絵を描かせていただいている月刊SAPIOにて

    毎月コラムを書いておられるライターの深川峻太郎(岡田仁志)さんが

    ちょうど近い地にご予定があるとのことで、

    Twitterで見かねて目的地ビルまで連れて行ってくださったの…!

     

    プリント

     

    深川さんは岡田さん名義でブラインドサッカーについての書籍も出版されていて

    その日本代表前監督が私の中学時代の先生だったという偶然の縁もあり

    しばし楽しいお話も伺えて超ラッキーだった〜

     

    そして長年お世話になっていながら

    一度も直接お目にかかったことのない編集者さんへご挨拶。

    思ってた以上のハイグレ〜ドでハイテックなオフィスの

    エレベーターを降りるとそこには想像と違う爽やかイケメン…

     

    プリント

     

    いやいやいやいや、ゆーといてよ!

    一体いつ帰っていつ寝てんだ!ってくらい24時間体制でお仕事されてたから

    完全に風貌は悪化した山岡士郎連想だったよ!

    衝撃でおかしなこと口走った気がする…

    そういえば今回お会いした方々は皆さん前情報があったので

    それほど緊張せずに済んだだけで

    オレすんごい上がり症なんだったわ。

     

    帰りもキッチリ東京駅で迷って彷徨ったものの、

    娘のリクエストであるアイカツグッズをGETし新幹線で大阪へ。

    新大阪でも迷ったので見慣れた梅田に着いた時には泣いたよね…

     

    個人的には地下街は埋めるべき!って思うけど、そうも行かないだろうから

    どっち指してるか判断に迷う下がり看板を廃止して

    床と天井に案内矢印を入れることを提案したい。

     

    ちなみに今回の戦利品。

     

    140613_東京06

     

    きたみりゅうじさんの「人生って、大人になってからがやたら長い

    トリバタケハルノブさんの「トーキョー自立日記

    岡田仁志さんの「闇の中の翼たち

    にサインもろた〜(ミーハー)

     

    なんだか今回で少しだけ大人になった気がするよ。一般より20年遅れ。

    また行くぜ東京〜

     


    カテゴリー:イラスト, 仕事のこと, 日記

  • コサインなんて人生に関係ないと思った人のための数学のはなし

    投稿日:2014年6月10日

    先日お仕事で東京に行ってきたんだけど、その話はまたあらためて書くとして

    そこで会ってきた現在東京在住のイラストレーター&漫画家の友人、

    タテノカズヒロさんの著書が発売されたよ!

    タイトルは…

    『コサインなんて人生に関係ないと思った人のための数学のはなし』

    http://www.amazon.co.jp/dp/4121504992

     

    140610コサイン1

     

    「数学得意な方は立入禁止!」との宣伝文句なんだけど、

    私のような虫ケラレベルのアホアホ人間はもちろん、

    数学好きな人も面白いんじゃないかな〜?たぶん?

    いやそんな人の気持ちはわからんけど?的な?

     

    私の一番好きなコマはこれ…

     

    140610コサイン2

     

    この言い分、ちょ〜〜〜わかる…!

    しかしこの話の説明、ちょ〜〜〜わかった…!

    覚えているうちに質問してきたまえよ、我が子よ!

     

    正直、やっぱわかんな〜い!という話もあったけど、

    マンガも文章も全編面白く読めるので気に病むことはないと思う。

    (自分に言った)

     

    サイン貰おう、発売後第一号だぜ!と思っていたのに

    正式発売日前々日だったため道中の本屋で発見できず、

    帰宅したらAmazonから届いていたブツを泣きながら読んでます。

    今はもう本屋さんに並んでるよ〜

    オススメ!

     

     


    カテゴリー:お知らせ

  • 藤井フミヤ PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2014

    投稿日:2014年6月7日

    行ってきたーー

    18年来の友人かつ、お互いフミヤファンであることは去年知ったNちゃんと

    先日6月5日(木)、兵庫県立芸術文化センターでの

    藤井フミヤさんのフルオーケストラコンサートへ。

    全国で5箇所7公演のみ!プレミアム〜〜♡

     

    真面目度の低いファンなのでそんなのやるって知らなかったんだけど、

    1ヶ月ほど前に我が母が新聞広告見て教えてくれた。お手柄!

    しかしなかなかのお値段だったので迷っていたら

     

    プリント

     

    オカンからまさかの名言…!

    なにそれ!青春はいちどきり、みたいな?

     

    いやーオーケストラなんてはじめての経験だったけど素晴らしいのね!

    まぁまぁ近くに住んでいるのに初めて入った芸術文化センター。

    映画でしか見たことないような客席と舞台〜

    普段行くホールやライブハウスとは音が響いて全然違う。

    催眠状態のような気分で、

    あの瞬間ツボでも差し出されたらハンコ押してた…って感じ。

     

    建物が完成した時、「兵庫県民の血税でこんなバカデカイもん作るってどういうこと!」

    とか思ってゴメン!いる…これいるわ!

     

    プリント

     

    プログラムが二部構成に分かれていることを知らず、

    一部が終わった時点で終わりだと思って二人で焦ったの恥ずかしかった。

    なんでみんな知ってたの…。帰るとこだったよ。

     

    休憩時間の間、最前列ど真ん中の女性がずっと

    顔や髪を手鏡チェックしてたのが微笑ましかったな。

    うんうん、フミヤが2〜3m前にこっち向いて立ってるんだもんね!わかる!

     

    それにしてもほんと萌えまくった…

    二人称の歌詞、ぜんぶ「私のことだ!」って思ったもんね。

    こんな好きとか言っといて実はCDも何も持ってないの。

    (洋楽の洋盤しか買わない主義!安いから…)

    さすがに買っちゃおうかな〜

     

    プリント

     

    当日はテレビカメラが撮影もしていて、

    テレビ大阪系全国ネットにて9月23日午前中放映予定、

    とのことだったのでよかったらどうぞ。

    親切な方、2〜3日前に「録画予約しろよ!」っていう

    メールくれると助かります…

    日本センチュリー交響楽団の最後列、

    でっかいタイコ的なお兄さんがタンバリンもノリノリだったの可愛かったけど

    映るかな?

     


    カテゴリー:イラスト, 日記